広島に伝わる『あまんじゃく伝説』(No.1)

人は時に、善意でやったことがとんでもない方向に走り、悪意に満ちた中傷で悪人にされてしまうことがあります。

広島市佐伯区五日市町の沖合4kmに浮かぶ津久根島(つくねじま)に伝わる湯蓋道裕(ゆぶたどうゆう)の話もたった一度の親孝行の報酬が“あまんじゃく”のらく印でした。道裕の父は名を道空(どうくう)、母は道昌といいます。壇の浦で敗れた平知盛の子孫といわれ、五日市海老山に住んでいました。今から560年前、後花園天皇の時代といいます。 道空は信仰深い人で、特に厳島神社を信心していました。貧しい漁師でしたが、豊漁につぐ豊漁で財を成し、永享年間(1429〜1440年)には厳島神社に客人社を建て、五日市に塩田を開いたりして町づくりに努めたので、みんなから尊敬されていました。(現在でも、五日市駅の周辺には、いくつか[湯蓋踏み切り]という電車の踏み切りが存在しています。)

1986年の津久根島

















しかし、唯一の不安は息子道裕でした。右といえば左、海といえば山と、ことごとく父親に逆らいます。道空がいまわのきわに残した言葉が「わしの墓は海がいい。津久根島にして欲しい」ということでした。

道空はつむじ曲がりの息子の最後の反発を期待していました。しかしさんざん手こずらせた親の遺言だけに息子は孝行しようと、津久根島へ葬ったのです。人々はむごい息子だと道裕を責めました。

しかし、一代で財を成し、なおかつ“できた人”と慕われた道空にはもう一説ありました。平家の子孫といわれる一方で、南朝の遺臣、源道生が足利の迫害を逃れ、再興資金として宝を持ち、山口の大内家の武力を頼みに西下し、五日市に住みついたといいます。

貧しい漁師になり生計を立てていました。津久根島やその周辺に隠した金銀を、漁に出るといっては、持ち帰り、日増しに金持ちになっていきました。

息子道裕がそれに気づいたときから、親に対する猛反発が始まります。他人は親に対する愛情の問題として息子を責めます。その責め句が“あまんじゃく”です。

そして、常に人に逆らうことをいつしか“あまんじゃく”というようになりました。


次へ ホームページへ